パラレルスは、Mac上でWindowsやLinuxなどのゲストOSを実行できる「Parallels Desktop for Mac」について、発売11周年を記念したキャンペーンを実施。6月27日までの期間限定で、25%オフでの提供を行っている。

Parallels Desktopは、Mac上でWindowsやLinuxなどのゲストOSを実行できる仮想化ソフト。最新版の「Parallels Desktop 12 for Mac」は、macOS Sierraに最適化対応しており、パフォーマンスの向上が図られた上、20以上のツールやユーティリティをまとめた「Parallels Toolbox for Mac」を搭載する。

現在同社は、Parallels Desktopの発売11周年を記念して通常価格から25%オフでの提供を行っている。また「Parallels Desktop 10」および「Parallels Desktop 11」ユーザーに対しては、通常のアップグレード価格、5,300円(税込、以下同)のところを、3,975円で、Pro Editionへの通常のアップグレード価格、5,300円/年のところ、3,975円/年というオフプライスで提供を行う。なお「Parallels Desktop 8」および「Parallels Desktop 9」ユーザーについても、アニバーサリー特別価格で購入することが可能となっている。

キャンペーンの実施期間は2017年6月27日の15:59まで。