米Microsoftは7月24日(現地時間)、Windows 10の次期メジャーアップデート「Fall Creators Update」で、「ペイント」ツールが非推奨となることを発表した。

Microsoftは、秋の大型アップデート後に廃止または非推奨となる機能の一覧を公開。その中には「ペイント」ツールが「非推奨」となる旨も含まれていた。「非推奨」は、積極的な開発が行われず、今後の更新で削除される可能性があることを示す。

アップデート後、ペイントの機能は「Paint 3D」に統合。また、Windowsストアでの提供となる予定で、プリインストールはされないようだ。

このほか、「3D Builder app」「Outlook Express」「Reader app」などが廃止予定の機能として発表されている。