オウルテックは、50,000回以上の折り曲げテストをパスした断線に強いケーブル「超タフストロングケーブル」シリーズを、量販店および同社運営の直販サイト「オウルテックダイレクト」で8月中旬より販売開始することを明らかにした。

「超タフストロングケーブル」は、同社が販売を行っている「ストロングケーブル」シリーズの上位モデルとなる。付け根部分の断線が多い、従来品のケーブルは固く柔軟性があまり無く、引っ張り強度が弱いなどの指摘がユーザーから寄せられていたが、そういった声から改良を施し、今回の上位モデルを発売する運びとなった。

改良点は、以下の通り。

付け根部分を独自形状のロングブッシュ設計にすることで断線しにくい構造に変更。一番断線しやすい箇所が更に強化されている
ケーブル内部に防弾チョッキなどに使用されているアラミド繊維を採用。これにより引っ張りに強い丈夫なケーブルに進化している
ケーブル被覆部の素材を新型の強化メッシュに変更。柔らかくしなやかでより使いやすく改良が施されている

これらの変更を加えたことで、50,000回以上の折り曲げテストにパスする業界一超タフで断線に強いケーブルに仕上げることができたとのことだ。

家庭用コンセントで使用するAC充電器にケーブルが付いたタイプと急速充電+データ転送ケーブル単体の合計6シリーズのラインナップとなっている。価格はいずれもオープンプライス。全製品、2年間の保証がつく。

2.4A出力に対応したAC充電器+Lightningコネクタのタイプは、ブラック/ホワイトにそれぞれケーブル長1.5mと2mの2種を用意している。税抜き参考価格は1.5mのタイプが3,580円、2mのタイプが3,780円。

2A出力に対応したAC充電器+USB Type-Cコネクタのタイプは、同じくブラック/ホワイトにそれぞれケーブル長1.5mと2mの2種を用意している。税抜き参考価格は1.5mのタイプが2,480円、2mのタイプが2,680円。

2.4A出力に対応したAC充電器+microUSBコネクタのタイプは、こちらもブラック/ホワイトにそれぞれケーブル長1.5mと2mの2種を用意。税抜き参考価格は1.5mのタイプが2,480円、2mのタイプが2,680円。

急速充電(2.4A)+データ転送に対応するUSB Type-A - Lightningコネクタのタイプはブラック/ホワイトにそれぞれケーブル長0.3m/0.7m/1m/1.5m/2m/3mの6種を用意している。1m/1.5m/2mのタイプについては、ブラック×レッドのカラーも用意。税抜き参考価格は0.3mのタイプが2,130円、0.7mが2,330円、1mが2,380円、1.5mが2,430円、2mが2,880円、3mが3,280円となっている。

急速充電(3A)+データ転送に対応するUSB Type-A - USB Type-Cコネクタのタイプは、同じくブラック/ホワイトにそれぞれケーブル長0.3m/0.7m/1m/1.5m/2m/3mの6種を用意している。1m/1.5m/2mのタイプについては、こちらもブラック×レッドのカラーを用意。税抜き参考価格は0.3mのタイプが1,780円、0.7mが1,880円、1mが1,980円、1.5mが2,080円、2mが2,180円、3mが2,480円となっている。

急速充電(2.4A)+データ転送に対応するUSB Type-A - microUSBコネクタのタイプは、ブラックのみで、0.3m/0.7m/1m/1.5m/2m/3mの6種を用意。税抜き参考価格は0.3mのタイプが1,080円、0.7mが1,180円、1mが1,280円、1.5mが1,380円、2mが1,480円、3mが1,780円となっている。

今後は車載用充電器シリーズのラインナップ追加も予定しているとのことだ。

今回の発売にあわせ、同社は都内で発表会を開催した。イベントには、同社代表取締役である東海林春男氏、親会社であるライフエッグの研究開発グループ シニアマネージャー・丹木芳則氏が登壇。新商品の魅力を伝えるとともに開発の経緯、それにまつわる秘話を明かした。

また、製品のデモンストレーションにスペシャルゲストとして、タレントの長州小力さん、ボディビルダーの野澤尚一朗さんと大和遼さんが登場。自慢の怪力でケーブルを引きちぎろうとするも、ビクともせずという展開で、改めて製品のタフさをアピールした。