としまえん(東京都練馬区)は9月30日、キッズからファミリーまで楽しめる電車型ライド「チャレンジトレイン」をオープンする。

同アトラクションは、大人になったら就きたい職業ランキングの上位常連の「電車の運転士」が体験できる電車型ライド。西武鉄道の車両を模したミニ電車には、マスター・コントローラー(通称:マスコン)やブレーキハンドルが設置されており、自分で操作し運転することができる。

全長180mのコースは、踏切や駅、鉄橋などが並び、本物の電車の運転士になった気分で楽しめる。電車好きやキッズにおすすめの新型ライドとなっている。

西武線で人気の4車両をかわいく表現したミニ電車を揃えた。車両デザインは、2017年3月にデビューした新型通勤車両「40000系」をはじめ、"スマイルトレイン"の愛称で人気の「30000系」、アルミボディや回生ブレーキの採用で省エネルギー化を実現した「20000系」、親しみのある黄色いボディカラーでおなじみの「2000系」をデフォルメして再現している。

運転席のマスター・コントローラーは、加速とブレーキが1本で操作できる「ワンハンドル・マスコン」と、加速とブレーキのハンドルを別に操作する「ツーハンドル・マスコン」の2パターンを選択できる。

料金は税込400円で、のりもの1日券、木馬の会パスポート利用可。身長110cm未満の子どもは付添いが必要。定員は、1車両4名。コース全長は180m、レール幅は520mmとなる。

※画像はイメージ