アウディ ジャパンは26日、「A5」シリーズの中で最も高い人気を誇る4ドアクーペ「A5 Sportback」に、初のFWD(前輪駆動)モデルを2モデル追加し、全国のアウディ正規ディーラーを通じて販売を開始した。

「A5 Sportback」は、「A5 クーペ」のデザイン、ステーションワゴンの機能性、セダンの快適性を兼ね備えるユニークなモデルとして人気を博している。今回新たに設定されたFWD(前輪駆動)モデルは「A5 Sportback 2.0 TFSI」「A5 Sportback 2.0 TFSI スポーツ」の2台。ともに2.0リットルの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンと7速Sトロニックを搭載する。

このエンジンは最高出力190PSという高い性能を発揮しながら、JC08モード燃費は16.6km/リットルを達成。両モデルともにエコカー減税対象車となっている。これにより「A5」シリーズのエコカー減税対象モデルは10モデルとなった。価格は「A5 Sportback 2.0 TFSI」が546万円、「A5 Sportback 2.0 TFSI スポーツ」が603万円(ともに税込)。