キヤノンマーケティングジャパンは7月28日、写真家オーディション「SHINES (シャインズ)」の実施概要を発表した。新しい才能の発掘と支援を目的としており、入選者には写真集を制作する権利が与えられ、その写真集を代官山 蔦屋書店で展示・販売する。

一次選考の書類応募期間は9月1日〜10月20日。SHINESのWebページから応募を受け付ける。一次選考の通過者はその後、A4サイズ以上、30枚以上のプリント作品を提出する二次選考を経て、20名のファイナリストが最終選考会に進む。最終選考会は、12月3日に東京・品川のキヤノンMJ本社で開催し、下記8名の選考委員がそれぞれ1名ずつ入選者を選出する。応募費用は無料。応募資格は、年齢やプロ・アマの違いを問わない。

選考委員は、竹中直人氏(俳優/映画監督)をはじめ、内田まほろ氏(日本科学未来館 キュレーター)、江川賀奈予氏(代官山 蔦屋書店 アートコンシェルジュ)、梶川由紀氏(何必館・京都現代美術館 キュレーター)、川本康氏(コマーシャル・フォト統括編集長)、品川一治氏(映像プロデューサー)、濱中敦史氏(twelvebooks)、町口覚氏(グラフィックデザイナー/パブリッシャー)の8名で構成される。