JR九州は「平成29年7月九州北部豪雨」による久大本線日田彦山線の被害状況と今後の見込みについて発表した。久大本線は2018年夏をめどに早期復旧をめざすとのこと。日田彦山線については「復旧には相当の期間を要する見込み」とされている。久大本線・日田彦山線の8月1日以降の運転計画についても発表された。

久大本線は光岡〜日田間の花月川橋梁が流失し、同区間でバスによる代行輸送(下り12本・上り13本)を実施している。久留米〜光岡間の普通列車は本数を減らして運転。特急「ゆふいんの森」「ゆふ」は8月も臨時運行が実施され、「ゆふいんの森」は博多〜由布院間(小倉・大分経由)で2往復、「ゆふ」は日田〜大分・別府間で2往復、それぞれ8月31日まで運行を予定している。9月以降の運転計画も決まり次第、発表される。

不通となっている光岡〜日田間に関して、「国土交通省水管理・国土保全局様、九州地方整備局様からのご配慮により、早期復旧に向けた条件が整いました」とJR九州。沿線地域の復興と観光への影響を最小限にすべく、今後の天候などによる変動も想定しつつ「平成30年夏を目処に早期復旧に取り組んでまいります」としている。

日田彦山線は添田〜夜明間で終日運転見合わせとなっており、7月31日から大行司〜日田間でバス代行輸送(東峰村役場前から日田駅前まで1日4往復運行)が開始された。田川後藤寺〜添田間は本数を減らしての運転となっている。

添田〜夜明間では大行司駅構内の切取崩壊(駅舎倒壊など)をはじめ、土砂流入、盛土流失、橋脚傾斜、流木・桁損傷など多数の被害が発生しており、JR九州は今回の発表で「被害状況の把握は概ね終了し、63箇所の被害が確認されました」と説明している。復旧には相当の期間を要する見込みで、現在は復旧方法の検討を行っているという。