全日本空輸(ANA)とSBパートナーズは8月1日、利用状況に応じてマイルが貯まるサービス「ANA Phone」に対応したスマートフォン「AQUOS Xx3 mini」(シャープ製)を発売した。色はイエローグリーン、ブラック、ブルー、ピンク、ホワイトの5種。ソフトバンク網の回線を利用し、SBパートナーズがMVNOとして提供する。

ANA Phoneは、毎月の利用状況に応じてマイルが貯まるほか、ANA便に搭乗すると、「搭乗ボーナスマイル」が加算され、2年間で最大34,400マイルが貯まるサービス。AQUOS Xx3 miniは、片手でも使いやすいコンパクトサイズ(W67×D8.6×H135mm)のスマホで、ANA Phone専用オリジナル壁紙や、ANAアプリ、ANAマイレージクラブアプリなどがプリインストールされている。

メインカメラは、リコーのデジタルカメラ「GRシリーズ」の開発者による、レンズや画像処理の認定項目をすべてクリアした証「GR certified」を取得している。中心から周辺まで高いコントラストと解像力を持ったレンズを搭載し、自然で鮮鋭度の高い画像処理が可能だ。有効画素数は2,100万画素で、光学手振れ補正機能に対応。サブカメラは有効画素数800万画素で、フラッシュ撮影もできる。

電池残量が少なくなった際、動作や機能を一部制限することで使用時間を延ばす「長エネスイッチ」機能を備える。そのほか、お風呂でも使えるIPX5/IPX8の防水性と、IP6Xの防塵性に対応。

端末の実質負担額は18,720円(税込)、MNP(乗り換え)の場合は10,800円(税込)。料金プランは、ソフトバンクのプランから選択できる。月額2,700円で国内音声通話が回数制限なく行える「通話定額プラン」や、月額1,700円で5分以内の国内音声通話が回数制限なくできる「通話定額ライトプラン」などを選べる。

「通話定額プラン」のデータ量2GBを選択した場合(月額6,500円)、月々300マイルに加え、ANA便に搭乗すると2回目まで毎回4,000マイルが加算され、2年間で最大15,200マイルが貯まる。「通話定額プラン」のデータ量30GBを選んだ場合(月額11,000円)、月々600マイルのほか、ANA便に搭乗すると5回目まで毎回4,000マイルが加算され、2年間で最大34,400マイルが貯まる。

○AQUOS Xx3 miniの主なスペック

OS: Android 7.0 Nougat
CPU: MSM8952(1.5GHzクアッドコア+1.2GHzクアッドコア)
内蔵メモリ: 3GB
ストレージ: 16GB
サイズ: 約W67×D8.6×H135mm
重量: 約134g
ディスプレイ: 4.7インチ IGZO液晶
ディスプレイ解像度:フルHD(1,920×1,080ドット)
メインカメラ: 2,100万画素
フロントカメラ: 800万画素
バッテリー容量: 2,400mAh
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
Bluetooth: 4.2
外部ストレージ: microSDカード(最大256GB)