GFKジャパンは、同社が毎月提供している「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」をもとに、2017年上半期のハイレゾ音源ダウンロードの市場概況を発表した。

2017年上半期(1月から6月)のハイレゾ楽曲のダウンロード数は前年比62%増、ダウンロード金額は前年比31%増だった。

フォーマット別にみると、アルバムが数量前年比18%増、トラック(単曲買い)が同95%増とトラックのダウンロード数が大きく伸びた。構成比ではトラックが数量ベースで68%、金額ベースで29%を占めている。

同社はトラックが急成長した理由を、配信サービスの新規参入や、J-POP、アニメソングをはじめとした楽曲ラインナップの拡充により、ユーザー層が女性や若い世代まで広がったためと分析。また、ハイレゾ対応ヘッドホンの税抜き平均価格が1年で16%低下し、加えて1万円未満の製品も相次いで発売されたことが、ユーザー層拡大の追い風となっている。