日本エイサーは4日、Chrome OSを搭載した11.6 型コンバーチブルChromebook「Spin 11」シリーズ2機種を法人向けに発表した。価格はオープン。発売は8月下旬から。

ディスプレイが360度回転するコンバーチブルタイプの11.6型Chromebook。米国国防総省の定める耐久試験「MIL-STD 810G」をクリアし、高温・低温耐久、防滴、防湿、耐振動、耐衝撃、防塵の項目において高い耐久性を備える。

同社製Chromebook初となるリアカメラを、キーボード面のヒンジ中央付近に搭載。リアカメラは5Mピクセルで、オートフォーカス機能を備え、液晶と背面をくっつけたタブレットモード時に、ディスプレイで内容を確認しながら撮影できる。

ラインナップは「R751TN-N14N」「R751T-N14N」の2種類。ディスプレイはいずれも10点マルチタッチに対応するが、上位のR751TN-N14Nではワコム製スタイラス入力(電磁誘導方式)を採用し、Wacom feel対応スタイラスペンが付属する。

スタイラス対応以外の主な仕様は共通。CPUがIntel Celeron N3350(1.1GHz)、メモリが4GB、ストレージが32GB eMMC、グラフィックスがIntel HD Graphics 500(CPU内蔵)、ディスプレイが11.6型ワイド液晶(1,366×768ドット、10点マルチタッチ対応)など。OSはChrome OS。

主なインタフェースはUSB 3.1 Type-C×2、USB 3.0×2、ヘッドホン/スピーカージャック×1、内蔵マイク×1など。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0。指紋認証は非搭載。

本体サイズはW296×D206×H20.9mm、重量は約1.4kg。