福岡空港ビルディングは8月9日、福岡空港国内線旅客ターミナルビル再整備工事の進捗に伴い、1〜5および60番ゲートの3階「到着コンコース/北」の供用を開始する。

到着便利用者は飛行機を降りた後、搭乗橋内のエスカレーター等で2階から3階に昇り、動く歩道のある到着コンコースを通って、エスカレーター等により1階の手荷物受取所に降りる導線となる。

なお、出発便利用者はこれまで通り、2階の搭乗待合室から飛行機に乗ることになる。今回の供用開始により、到着・出発便利用者同士の混在が解消され、スムーズに移動できるようになる。