アユートは、Astell&Kernの最上位ポータブルプレーヤー「A&ultima (エー アンド ウルティマ) SP1000」Cooper(銅)モデルの発売日を8月11日に決定した。8月7日より、先行予約を受け付けている。価格はオープンで、直販価格は499,980円(税込)。

A&ultima SP1000は、「世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー」がコンセプトの製品系列「A&ultima」を冠した、Astell&Kernのフラッグシップモデル。Stainless Steelモデルを7月7日に発売しており、Cooperモデルと合わせて2機種のラインナップとなる。

旭化成エレクトロニクスのDACチップ「AK4497EQ」を、L/R独立して各1基ずつ計2基搭載。PCM 384kHz/32bit、およびDSD 11.2MHzのネイティブ再生に対応する。また、入力電圧の変動に応じて出力周波数を変更できるVCXO(電圧制御水晶発振器)を採用、超低ジッターの200Fs(フェムト秒)を実現した。

AK380が480×800ピクセルの4インチディスプレイを備えるのに対し、A&ultima SP1000は720×1,280ピクセルの5インチディスプレイを搭載。アートワークや文字をより見やすく表示する。

端子はUSB3.0 Type-Cで、データ転送速度は最大10Gbps(理論値)。さらに急速充電をサポートしており、別売の9V/1.67A対応USB-ACアダプタを使用すれば、約2時間の充電で最大約12時間の連続再生が可能だ。

DLNA機能を強化した「AK Connect」によって自宅のPCやNASサーバーと接続し、それぞれに保存してある音楽の再生やダウンロードが行える。また、スマホやタブレットの専用アプリ「AK Connect App」から遠隔操作も可能。そのほか、専用ドライバーソフトをPCにインストールすれば、USB-DACとしても使える。

内蔵ストレージ: 256GB
外部ストレージ: microSD(最大256GB)×1
サイズ: W75.8×D16.2×H132mm
重量: 約387g
バッテリー容量: 3,700mAh
Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n
Bluetooth: 4.1
対応コーデック: SBC、aptX HD