牛肉サミット2017実行委員会は8月26〜27日、第6回となる「牛肉サミット2017」を滋賀県大津港一帯で開催する。同イベントは、牛肉を素材とする全国各地の料理自慢の店が出店し、調理や味わいなど、創意工夫あふれる牛肉料理を一般来場者の投票で競う「真夏の牛肉料理No.1決定戦」となる。

地元・滋賀県が誇る近江牛からは、「近江姫和牛3秒焼しゃぶ」「近江牛 炙り握り」「近江牛希少部位の一口ステーキ」「近江牛煮込みステーキ串」など。その他の都道府県からも、「松阪牛 蟹牛寿し」や「鹿児島黒毛和牛 ローストビーフのひつまぶし丼」、「熊本名物 肥後あか牛串」、「京都牛 霜降り すき焼き丼」、「宮澤和牛 名物 飲めるハンバーグ」など、合計22店舗が出店する。

また、これまで同イベントの収益金は、第1回開催の年に発生した東日本大震災で甚大な被害のあった東北の震災復興等に寄付してきたが、今年は熊本・大分の震災復興、九州北部豪雨への寄付も予定しているという。

同イベントの開催時間は、8月26日は10時〜21時まで、27日は10時〜17時までで、雨天決行となる。また、入場料については、無料会場のステージイベントなどの観覧は無料で、飲食は有料となる。