日野自動車は8日、大型路線バス「日野ブルーリボン ハイブリッド」と「日野ブルーリボン」、中型路線バス「日野レインボー」に、平成28年排出ガス規制に適合させるなどの改良を実施し、「日野ブルーリボン ハイブリッド」と「日野ブルーリボン」は8月8日、「日野レインボー」は8月29日に発売すると発表した。

今回の改良では、「日野ブルーリボン ハイブリッド」に搭載のA05C型エンジン(5.123リットル)の燃費改善、ハイブリッドシステムとAMTの協調制御による変速の最適化により燃費を向上させ、燃費基準を30%上回る低燃費を実現。ハイブリッドシステムの制御を改善してドライバビリティの向上も図っている。

「日野ブルーリボン」も車両総重量14トン超のAMT搭載車型では燃費基準+15%を達成し、全車に尿素SCRを採用して平成28年排出ガス規制に適合させるとともに、全車のヘッドランプと車幅灯をLED化している。

価格は「日野ブルーリボン ハイブリッド」(型式 : 2SG-HL2ANBP / 路線・都市型79人乗り)3,122万8,200円、「日野ブルーリボン」(型式 : 2TG-KV290N2 / 路線・都市型79人乗り)2,636万8,200円、「日野レインボー」(型式 : 2KG-KR290J3 / 路線・都市型61人乗り)2,222万1,000円(価格はすべて税込)。