KADOKAWAグループの新設旅行会社であるクールジャパントラベルと、移動ソリューション事業を手掛けるWILLERは8月3日より、「君の名は。カフェバス」を運行開始した。

同車両は、映画『君の名は。』で描かれた東京の舞台をめぐる、オリジナルラッピングのバス。『君の名は。』は2016年8月に公開し、日本国内の興行収入249億円、観客動員数1,900万人を突破した。

日本に2台しかないWILLERのオープントップバス「レストランバス」を、『君の名は。』でラッピング。開放的な2階席では風景を楽しみながら、1階で調理されたカフェメニューが味わえる。

劇中で描かれた新宿や信濃町の街並みをはじめ、瀧や三葉が訪れた場所など『君の名は。』の舞台となった東京のスポットをオープントップバスに乗りながら周遊。車窓からそれぞれの風景を楽しむことで、作品の世界観を感じることができるという。

「君の名は。カフェバス」スペシャルセットとして、「瀧と入れ替わった三葉も思わず写真を撮りたくなったパンケーキ」などの人気メニューを含む3品を、「君の名は。」コースター1種とともに提供。料金は、都内周遊90分で税込5,800円(カフェメニュー付き)。