タニタは8月8日、テレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』とコラボレートした、音声タイプの体組成計「BC-202-DU」の予約受け付けをタニタオンラインショップにて開始した。価格は18,000円(税別)。タニタオンラインショップでの限定販売で、9月30日まで予約を受け付ける。

BC-202-DUは、初期設定や計測結果を、アニメの主要キャラクターである東方仗助役の小野友樹氏、広瀬康一役の梶裕貴氏、虹村億泰役の高木渉氏によるオリジナル音声でナビゲートする。体脂肪率が標準よりマイナスであれば、東方仗助が「グレートですよ こいつは」とほめる。軽肥満なら、広瀬康一が「体重計の故障ではない、だ、誰か敵スタンドの仕業だッ!」という。個人データを消去する際は、虹村億泰のセリフ「この虹村億泰のスタンド ザ・ハンドが削り取ってやる!」が聞ける。

体組成計に乗ると、登録済みの個人を自動で認識する「乗るピタ」機能を搭載。体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、推定骨量、内蔵脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、体水分率を表示する。本体は黒色で、表面にはジョジョのアイコンである「J」や「ハート」のマークを散りばめた。本体サイズはW352×D300×H37mm、重量は約1.6kg。

『ジョジョの奇妙な冒険』は、荒木飛呂彦氏が描く人気少年漫画。2017年で連載開始から30周年を迎え、現在第8部「ジョジョリオン」が集英社の「ウルトラジャンプ」にて連載中だ。シリーズ累計発行部数は1億冊を突破した。