日立アプライアンスは8月9日、コードレス・スティック クリーナー「パワーブーストサイクロン」の新機種「PV-BEH900」と「PV-BEH800」を発表した。9月16日から発売し、価格はオープン、推定市場価格(税別)はPV-BEH900が税別90,000円前後、PV-BEH800が税別80,000円前後。同日に開催された発表会から、実機の概要をお伝えしよう。

日立アプライアンスでは、6月にも自立するパワーブーストサイクロンの「PV-BE700」を発表、7月から販売しているが、今回のPV-BEH900とPV-BEH800は、ハンディサイズのボディを基本に、用途に応じて使い分ける8種類のヘッドやブラシが付属する仕様となっている。

ヘッドやブラシを付け替えることで、床や階段、家具の下などの低い位置だけでなく、テーブルの上や棚、引き出しの中、布団、自動車の座席など、さまざまな場所が手軽に掃除できる。PV-BEH900とPV-BEH800の違いは本体カラーと付属品の有無のみで、本体の機能や性能に差はない。上位モデルのPV-BEH900はシャンパンゴールド(N)とブルーイッシュシルバー(S)の2色を用意。PV-BEH800はホワイト(W)の1色となる。

○カセット式充電池やLED、多彩なブラシ類など高い利便性

日立アプライアンスのユーザー調査によると、掃除しづらい場所や困っている点として、サッシレール、網戸、高い場所のほこり、テレビなどの配線まわりといった場所が上位に挙がった。

従来のクリーナーではなかなか思うように掃除できない、これらの場所をいかにストレスなく掃除できるようにするか、PV-BEH900/800の開発コンセプトはここにある。

例えば、日立独自の小型・軽量ハイパワーファンモーターでは流体解析により固定翼(ディフューザー)の長翼19枚を短翼15枚に変更。最適化により5%の効率向上を実現したほか、集塵部の損失低下のため、空気の流路も見直し、吸い込み性能を高めている。

ヘッドにはゴミの取りのがしを防ぐ「シンクロフラップ」や「ロングローラー」を搭載。暗い場所も見やすいLEDライトや壁際のゴミに強い「きわぴた構造」なども採用する。

利便性の点では、ダストケースを外さなくてもゴミがそのまま捨てられる「ごみダッシュ」や、交換して使えるカセット式のリチウムイオン充電池を採用する。

電池は満充電で標準モード約40分の掃除が可能となっており、別売りの電池も使えば最長80分の連続運転が可能だ。別売りのカセット式リチウムイオン電池は税別12,000円を予定。充電は本体を通して行うため、予備のバッテリーも掃除前に充電しておくのが望ましい。満充電満放電で約1000回の利用に対応する。

全体的に小回りの利く高い利便性が魅力であり、一人暮らしや二人暮らし世帯はもちろん、目についた汚れだけサッと掃除したい人にもオススメ。特に付属のほうきブラシは、棚や引き出し、荷物の多い部屋、ケーブルが床を這いまくっている部屋などにも便利だろう。

なお、同時にシリンダータイプ(キャニスター型)の紙パック式「かるパック」2機種とサイクロン式「2段ブーストサイクロン」2機種の新製品も発表している。かるパックはパワーブーストサイクロンと同じ9月16日発売。2段ブーストサイクロンは少し遅れて10月21日だ。

価格はいずれもオープン。推定市場価格(税別)は、かるパックの上位モデル「CV-PE700」が65,000円前後、下位モデル「CV-PE500」が55,000円前後。2段ブーストサイクロンの上位モデル「CV-SE100」が40,000円前後、下位モデル「CV-SE90」が30,000円前後となる。