シグニファイジャパンは、LED照明「Philips Hue Play ライトバー(以下、Hue Play)」を、11月29日から家電量販店やオンラインストアを通じて販売する。11月14日から予約を開始した。市場想定価格は、LEDライトと専用電源アダプタが同梱された「Philips Hue Play ライトバー」が8,800円、LEDライト2個とほかのライトと連携させるブリッジのセット「Philips Hue Play ライトバー スターターセット」が19,800円、LEDライト1個の「Philips Hue Play ライトバー エクステンション」が6,800円(すべて税別)。

Hue Playは、ゲーミング用照明として、eスポーツを楽しむPCゲーマーに没入感を提供するバータイプの間接照明。専用の「Philips Hue Sync」アプリと連動させることで、視聴している映像や音楽、PCモニターに映し出されたゲーム内のアクションと、Hue Playの照明がシンクロする。

また、Hue Playの発表に合わせ、シグニファイジャパンはPhilips Hueシリーズのeスポーツでの認知を目的に、プロゲーミングチーム『父ノ背中』とのスポンサー契約を締結。国内ゲームイベントへの参加、ならびに独自コンテンツの実施などさまざまなコラボレーション企画を予定しているという。