リンクスインターナショナルは、CORSAIR初の60%仕様ゲーミングキーボード「K65 RGB MINI」の取り扱いを発表した。4月17日に発売を予定しており、価格は14,080円。

K65 RGB MINIは、ファンクションキーを省略することでさらなるコンパクトさを追求した60%仕様のゲーミングキーボード製品。メカニカルスイッチにはCHERRY MX SPEEDを採用して極めて高速な入力に対応した他、より高速なポーリングレートを実現するという独自技術「CORSAIR AXON」もさらに改善して搭載。一般的なゲーミングキーボードよりも8倍高速な8,000Hzというポーリングレートで、ミリ秒を争うゲーミングシーンでも最高速のパフォーマンスを発揮するとしている。

CORSAIRの統合ユーティリティ「iCUE」に対応し、イルミネーションのカスタマイズや高度なマクロプログラミング、ファームウェアアップデートをサポート。摩耗や退色に強いPBTダブルショットをキーキャップに採用し、スペースキー用にイルミネーションが映える「ラディアント」と控えめな「スタンダード」の2種類を同梱する。

国内で展開するモデルはJP配列のかな無し印字。全キーでアンチゴーストやキーロールーバーに対応し、ファンクションショートカットでWindowsロック機能やメディアキー機能も利用できる。PCとはUSB Type-Cケーブルで接続し、本体サイズはL294×W105×H44mmで、重さは約0.58kg。