ヤフーは、「Yahoo!検索」(PC版/スマートフォンブラウザー版)や「Yahoo! JAPAN」アプリ(iOS版/Android版)、「Yahoo! JAPAN」(PC版/スマートフォンブラウザー版)で「自治体名+ワクチン」などと検索すると、その自治体で接種できる会場や、ワクチン種別、予約受付状況などを検索結果に掲出する取り組みを開始した。

日本国内における新型コロナワクチンの接種は、2021年2月17日から医療従事者に対し先行して始まり、4月12日からは一部の地域で65歳以上の高齢者に対しても開始された。首相官邸によると、2021年6月1日時点で、1回目の接種を終えた人の数が1000万人を超えたという。

ヤフーの取り組みは、例えば「千代田区+ワクチン」や、「永田町駅+ワクチン」などと検索するだけで、その地域や駅周辺にある接種会場の名称や予約受付時間などを検索結果上に掲出するというもの。特定の施設名や病院名で検索した際には、各施設の新型コロナワクチン接種に関する情報を検索結果に表示する。検索結果に表示された病院や施設が新型コロナワクチンの接種予約を電話やネットで受け付けている場合は、検索結果の予約ボタンから、直接予約することもできる。なお、ワクチン接種の予約には、各自治体から送付される接種券が必要だ。

検索した地域に接種会場や施設がない場合や、国や地方自治体から情報が開示されている接種会場がない場合、接種を受け付けていない施設には新型コロナワクチンの情報は表示されない。