Nintendo Switchが、Bluetoothオーディオに対応した。任天堂が9月15日に公開した本体システムバージョン13.0.0にアップデートすることで同機能を利用可能になる。

Switch単体でBluetooth対応のヘッドホンやイヤホン、スピーカーとワイヤレス接続し、ゲーム音声などを楽しめるように機能強化。プロファイルはA2DP、コーデックはSBCをサポートする。ペアリングは本体の設定から行える。

注意事項として、Bluetoothオーディオ使用中は接続できる無線コントローラーが2個までとなるほか、ローカル通信との併用はできない。Bluetoothオーディオのマイク入力には非対応。使う機器によっては音声の遅延が目立つ場合もあるとのこと。また、Bluetooth対応のオーディオ機器の操作ボタンが正常に動作しないことがあるという。

ほかにも、Switchがスリープ中の有線でのインターネット接続を維持するかどうかを選べるようになった。従来もスリープ中は常にインターネットに接続していたが、オン/オフを切り替えられるようになる(デフォルトはオン)。オフ時は一定の間隔をおいてインターネットに接続するようになり、消費電力が低下するという。

スティックの補正においては、補正の開始方法が従来の「スティック押し込み」から「スティックを一定方向に倒し続ける」に変更。Nintendo Switch(有機ELモデル)に同梱のLAN端子付きドック(HEG-007)は、ドックのソフトウェアを更新できるように更新される。