先日寄稿したようにMicrosoftは、システム要件を満たさないPCへもWindows 11をインストールできる方法を発表した。今回はレジストリ操作に不慣れな方向けに、その具体的な手順を紹介する。

上記手順はHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetupキーにDWORD値「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を作成し、データを「1」に変更するものだ。この状態でWindows 11のsetup.exeを実行すると、更新プログラムの受信やサポートを受け取る権利をなくす旨を示す警告メッセージが現れる。

承諾すればセットアップが継続し、Windows 11へのバージョンアップが完了する。ただし、警告メッセージが示すようなリスクが発生する可能性が高い。実行は自己責任で行ってほしい。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。 この著者の記事一覧はこちら