飯島町の夏祭り第24回「お陣屋あんどん市」(実行委員会主催)が22日午後、JR飯田線飯島駅前の広小路で開かれた。約50基の行燈が並ぶ通りを代官行列が練り歩き、江戸時代の風情を再現。会場では大型時代劇の上演や鼓笛隊、和太鼓グループらによる音楽演奏パフォーマンスなど多彩な催しがあり、多くの来場者でにぎわった。

 代官行列は住民有志でつくる「代官行列を楽しむ会」が主催する同町の夏の風物詩。”江戸時代の人”に扮した約40人が「エイホー」の掛け声とともに約400メートルを練り歩き、商店街は江戸情緒に包まれた。

 音楽演奏パフォーマンスでは「ななくぼ鼓笛隊」や「龍真太鼓」ら総勢約50人が情熱的な演奏を披露。演奏者が徐々に増えるフラッシュモブの演出もあり、会場を大いに盛り上げた。このほか恒例の子どもじゃんけん大会や宝投げ、荷ぐるま市(軽トラ市)なども行われた。