諏訪市の諏訪湖で8月15日に開く第69回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)の有料自由席の販売が27日、同市文化センターであった。販売開始前には約250人が並ぶ人気ぶりで、本番へ期待を高めた。

 湖畔にある諏訪湖畔公園と石彫公園内の計約3000席を取り扱った。大勢の人が並んだことなどから予定を10分早めて午前8時20分から発売。県内外の人が買い求め、正午前に売り切れた。

 市川肇さん(61)は松本市入山辺の自宅を午前5時半ごろ出て訪れた。「音のすごさや打ち上げ数の多さが魅力。(6月の)ブロック指定席の抽選に落ちたので今年は自由席。当日は早く来ないと」と本番を待ちわびた。諏訪市中金子の本多攻さん(72)は家族や親族合わせて17人で見物する予定で「昨年は風向きも最高だった。天候が良くなってほしい」と話した。

 ローソンチケットで取り扱う約6900席の販売は28日から始まる。大会当日は午前8時から、旧東洋バルヴ諏訪工場跡地に設ける桟敷席約5000席を1人1000円で現地販売する。