伊那市富県の歌舞劇団「田楽座」の稽古場で3日、民俗芸能に親しむ連続ワークショップを受講した子どもたちが、稽古の成果を発表した。3日間にわたり座員から指導を受けてきた伊那市内外の小学生21人が、南京玉すだれや盆踊りを披露、見守った家族から拍手を浴びた。

 田楽座は、「子ども寺子屋」と題したワークショップを、春夏の年2回ペースで開いている。今夏は1〜3日に実施し、子どもたちは和太鼓演奏や南京玉すだれ、県内外の盆踊りを習った。

 タマネギの皮で黄色に染めた自作の手ぬぐいを頭に巻き、法被姿で舞台に臨んだ子どもたち。「伊那の盆唄」や、岐阜県の盆踊り「世栄」などを披露。座員の太鼓や三味線の音に合わせ、軽やかにステップを踏んだ。最後は保護者も加わって、踊りの輪を広げた。