諏訪市の上諏訪温泉街の宿泊施設で構成する諏訪魅力UP委員会(加藤建二会長)は26日午後9時15分から、昭和初期に建てられた国指定重要文化財の片倉館で怪談話企画「The・怪談」を初めて開く。怪談話で有名なタレント・稲川淳二さんが審査委員長を務めた怪談のコンテストで優勝した経験を持つ牛抱せん夏さんを迎える。宿泊者のほか、地域住民の参加も歓迎している。

 旅行先として諏訪地方を選んでくれた観光客に思い出に残るような時間を提供して、訪れた人々の記憶に残る観光地を目指す取り組みの一環。旅行者と地元住民が一緒に「上諏訪温泉でなければ経験できない企画を―」と準備を進めてきた。

 牛抱さんは2010年の怪談グランプリで優勝した実力者。片倉館は昭和初期に製糸工場で働く工女の保養施設として建てられた。当時の雰囲気を今に残す独特の雰囲気があり、怪談を一層高める。同委員会は「一人では耐えられない怖さがあるのでぜひ、家族やパートナーと一緒に参加して」と呼び掛けている。

 定員は200人で先着順。参加費は1000円。宿泊特典も用意した。問い合わせは諏訪観光協会(電話0266・52・2111)へ。