花粉症の原因となるスギ林がほとんどなく、花粉の飛散が少ない長崎県平戸市の的山大島で3月9日から2泊3日の「避粉地体験ツアー」が開催される。NPO法人文化財匠塾平戸支部(丸田圭介支部長)などが今月20日まで参加者を募集中。

 島には約650世帯1100人が暮らしている。約12年前、修学旅行で訪れた中学生の症状が軽減したのをきっかけに専門機関が調査し、スギ花粉が他地域の1割前後しか確認されなかった。長崎大の調査でも島民の有病率は全国平均を大きく下回っていた。

 花粉症の人を対象にしたツアーは今年10回目。豊かな自然や歴史的な街並みを散策するほか、新鮮な魚を味わえる。専門医による花粉症講座もある。参加費は1万2千円(長崎空港からの送迎バスを利用する場合は1万4千円)。募集人員は15人。

 同支部は「空気が違う。ぜひ訪れて心身ともにリフレッシュしてほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同支部(電0950・55・2487)。