名古屋市内の路上で女性にひわいな言葉をかけたなどとして、愛知県警豊田署の男性警察官が書類送検されていたことがわかりました。

 県の迷惑行為防止条例違反などの疑いで7月30日に書類送検されたのは、豊田警察署の地域課に所属する30代の男性巡査長です。

 愛知県警によりますと、男性巡査長は6月18日の未明、名古屋市中区の路上で女性にひわいな言葉をかけるなどした疑いがもたれています。

 関係者によりますと、男性巡査長は女性と面識はなく、当日は休みだったということです。男性巡査長はすでに依願退職しています。