名古屋の鶴舞中央図書館に子どもたちの読書を応援するコーナーがオープンしました。


 図書館の1階に設置された「ONO ONO」は「子どもたち、おのおのが好きな本に出合い、思い思いに過ごせる場所を」との思いから名づけられました。

 図書館の司書や絵本の専門家らが子どもたちのために選んだ約300冊の本から、毎日50冊を閲覧することが出来ます。

 利用した小学生は「図書館には1週間に1回くらい来ている。よい本が見つけられていい」と話していました。

 このコーナーでは本の貸し出しは行っていませんが、子どもたちは木箱の本棚やテントのインテリアなどに囲まれながら読書を楽しんでいました。