東京オリンピックの選手団として来日した後所在不明となり、三重県で保護されたウガンダ人選手が21日夜、帰国の途につきました。

ウガンダ選手団

 ウガンダ選手団ウエイトリフティングのジュリアス・セチトレコ選手(20)は、今月16日に大阪府泉佐野市の宿舎からいなくなり、20日に三重県四日市市で警察に保護されました。

 名前や顔写真が入ったIDカードを持っていて、自ら「セチトレコです」と名乗ったということです。

 泉佐野市の職員が身元を引き受け、在日ウガンダ大使館を通じて21日夜、成田空港から出国しました。

 セチトレコ選手は「生活が苦しいので日本で仕事がしたい」という趣旨の書き置きを残していましたが、選手団などの説得で帰国に納得したとみられています。