不動産の取引を巡って男性を脅し、裁判所への申し立てを取り下げさせたとして、暴力団組長の男らが愛知県警に逮捕されました。

 強要の疑いで逮捕されたのは六代目山口組傘下の暴力団組長、佐竹憲治容疑者(52)ら2人です。

 警察によりますと2人は去年4月、大阪市の宿泊施設で、会社役員の男性(当時25歳)に対し、「俺はヤクザだから殺すのが仕事だ。」などと言って脅し、男性が裁判所に申し立てていた不動産取引の一時停止を求める申請を取り下げさせた疑いがもたれています。

 調べに対し、佐竹容疑者は認否を留保しています。

 男性は当時、不動産物件を巡って2人とは別の人物と裁判で争っていました。