愛知県長久手市で整備が進むジブリパークで、5つのエリアの1つ「魔女の谷」に造られる展示内容の一部が公表されました。

 ジブリパークは今年11月に「青春の丘」など3つのエリアが開園します。

 残る2つのエリアのうち「魔女の谷」エリアについて愛知県はきょう、2024年3月開園の見通しになったことを明らかにし展示内容の一部を公表しました。

 「魔女の谷」では映画「ハウルの動く城」に登場する「ハウルの城」のほか、「魔女の宅急便」に登場する「オキノ邸」を再現した建物などが整備されるということです。

 また、パークの外には関連施設として、映画「猫の恩返し」に出てくる「猫王の城」をモチーフにした遊具が整備されることも発表されました。

 大村知事は、「パークのチケットがなくても楽しめる場所として利用してもらいたい」としています。