水道の蛇口などの盗難被害が先月下旬から相次いでいた名古屋市の「戸田川緑地」で、また蛇口が盗まれました。

23日午後8時半ごろ、港区と中川区にまたがる公園「戸田川緑地」のキャンプ場で、水道の蛇口が盗まれているのを巡回中の警備員が見つけました。

施設を管理する名古屋市によりますと、今回盗まれたのは真鍮製の蛇口18基、あわせて5万9千円相当です。

このキャンプ場では先月下旬以降、同じ場所で水道の蛇口18基が盗まれ、今月18日に付け直したばかりでした。

また、これまでに側溝のふたやコンロの網なども相次いで盗まれています。

名古屋市は警察に被害届を出す一方、防犯カメラを増設し、夜間のパトロールを強化するとしています。