お得に鮮魚が購入できる「和星水産」は松葉がにも安い?

毎年、年末にかけて値段が上がってくる松葉がに、少し値段が落ち着いている今、食べておきたいですね。


普段から破格な値段で鮮魚を扱う和星水産(道の駅琴の浦内)さんは、どのぐらいのお値段で松葉蟹を出していらっしゃるのか!?ランチついでに覗いてきました😆😆😆

      「道の駅琴の浦」 海鮮丼も抜群に美味しい!

訪れたのは11月19日(日)、昼過ぎ頃。
この日は「カニ祭り」を開催中で、さらにお安くなっていたようです。

店内のカニはこんな感じ〜  
ズラリと並んでます❣
やはり、松葉がにも安い😆😆 

九州にいる蟹好き家族のために毎年やっているこの蟹リサーチ、毎回、財布の紐が緩みそうに。

今年は高騰が予想されていましたが、このタイミングは安い!買い時です!
昨年は、もうひとまわり小さいものでもこのお値段では買えませんでした💦

肝心の松葉蟹のお値段
茹でガニは2枚で8500〜10000円❣❣
地元の方ならわかるこのお安さ。

足折れの生松葉蟹は4500円❣
自宅用ならこちらでもいいですね。
個人的には生松葉を買って帰って、グリルで焼きガニにして食べるのがおすすめです。
オーブンで焼くのもgoodです。

そして、せこがに(親がに)
1枚600円。2枚だと1000円!!
いい大きさ♪♪味噌汁最高ですよね!

せこがには、甲羅を開けた中にある内子(卵巣)と、お腹に抱えている外子(卵)、それから、カニみそ、そして、繊細な脚の身の4つの旨味が楽しめます。
山陰の方にお聞きすると、せこがにの方が好きな方多いですよね。

参考情報ですが、生松葉を発送するときは、お腹を上にして箱詰めして送ると、カニも大人しくなってミソが黒くなるのを防いでくれるそうです。

今が買い時ですよー!

やっぱり鮮魚も嬉しい価格!

ちなみに、この日は大好物の鯵(アジ)を仕入れて帰ることに。

小アジは、1盛300円
真アジは、2本500円
釣アジは、1本300円〜500円

物がちがう!と強調されていた釣アジ1本500円を、刺身用に3枚におろして皮をひいてもらって買ってきました。
もちろん、味は最高でした! 

皆さんもぜひ、「和星水産」で新鮮な魚や蟹との出会いを楽しんでください!

<道の駅琴の浦> 
ホーム – 道の駅琴の浦 (kotoura-umaimonya.com)

著者:なーさん