こんにちは、うがちゃんです。
急に季節が進み、冬の予感。
山陰の冬と言えば…かに!カニ!蟹〜♡

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
境漁港のベニズワイガニ!
色が鮮やかで美しい〜!

今回は境漁港に誕生した市場を取材。
競りの様子が見学できる観光スポット
お届けします!

境港・ベニズワイガニ専用市場
カニかご上屋

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
午前6時の境漁港

鳥取県・境漁港にベニズワイガニ専用
市場「カニかご上屋(うわや)」が
2023年の8月に誕生しました!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
ベニズワイガニが水揚げされていました!
1つのかごに約30Kgが入っているんだとか!

カニかご上屋とは?
国内唯一の“ベニズワイガニ専用”の市場。
鳥取でカニというと「松葉ガニ」のイメージが強いですが、実はベニズワイガニの水揚げ日本一を誇る地域でもあるんです!

旧施設は水揚げされたベニズワイガニは
屋外でセリが行われていましたが、
新しく誕生した施設は【完全閉鎖型】に
なっており、高度な衛生管理を実現しました。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
船から降ろされたカニはすぐに
カニかご上屋に運ばれます。

また、船からおろされてから出荷のトラックに運ばれるまでの導線がとてもシンプルになり、鮮度抜群な状態で出荷されていきます。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

普段、一般の方は入ることはできません。
今回は“カニかご上屋”を取材して
まいりましたので、そのスゴイ秘密をお届けします!

流れを見てみよう!

ベニズワイガニのカニかご漁船が着岸

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
30t=アフリカゾウのオス5頭分くらいの重さ!

夜明け前の5:30ごろ境漁港に約30t
ベニズワイガニが水揚げ
されてきました。
船からカニかご上屋に続々とカニが入った
かごが運ばれていきます。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

ひとつのかごに約30㎏のカニが入っているそうでこの日は1000籠が並びました。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
カニかご上屋の内部

仲買人たちによって競りが始まる

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

仲買人たちがカニの前に集まり競り
始まりました。ざわざわした雰囲気の中、
どうやら競りが始まっているようです!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

競りというと掛け声などが飛び交う
イメージでしたが紙に値段を書いて
競りが行われる
そうで、想像しているより淡々と…そして素早く競りが行われていました。

競り落とされたベニズワイガニは
フォークリフトでトラックへ

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

大量に並んでいたベニズワイガニは
競りが終わると同時にカニを
フォークリフトに積み込んで
手際よくトラックに
運ばれていきます。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

動きが速すぎて写真を撮るのが難しい
くらいあっという間に運ばれていきました。やはり鮮度が命。プロの技ですね。

加工工場や出荷先に配送されていく

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

朝日に照らされた境漁港。
ベニズワイガニが乗ったトラックは
続々と出荷されていきます。
漁港周辺には加工工場も密集しており、
獲れたてのベニズワイガニをすぐに加工
できる
のも強みですね!

ここまでの工程の時間を振り返ってみると
約30分程度で終わっていました!
驚異のスピードに驚きです!

完全閉鎖型“ベニズワイガニ専用”
カニかご上屋の秘密公開!

徹底された衛生管理の秘密

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
今回、取材用に長靴をお借りしました。
「境港」のロゴが可愛いですね。


カニかご上屋に入る際は長靴の消毒、
石鹸での手洗い、手の消毒を徹底してから
中に入ります。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
カニかご上屋の内部ガラス張りで
しっかり密閉されています。

カニかご上屋は全面が窓や開閉可能な扉で
覆われて
おり、“完全密閉型”になっています!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
漁港の周辺には
落ちたカニの足などを狙った鳥たちが!

雨風をシャットアウトするとともに
ほこりなどの異物混入を防ぎます。
また、鳥よけのネットも張り巡らされており、
落ちた蟹の足などを狙って集まってくる
鳥たちの侵入を防ぎます。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

カニかご漁船の漁師さんによると…
風にさらされると、カニの乾燥や強い
ストレスによってカニ自ら足を外してしまうリスク
があるそうで…
(↑トカゲのしっぽ切りのイメージ)

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

水揚げされてからすぐ雨風を防げる施設に
運ぶことが出来るようになったことにより
さらに質と鮮度がいい状態でカニを競りに
出せるようになったと話していました。

空気もタイヤも綺麗に!
電力化したフォークリフト

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
電力化されたフォークリフト

カニを運ぶために使用されるフォークリフト。旧施設で使われていたフォークリフトは燃料を使って動くため排気ガスを排出していましたが、電力で動くフォークリフトに一新!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
コンセントに刺さって充電されていました

コンセントで充電して動かします。排気ガスが出ないことで空気も綺麗に保ちます!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
センサーで水が出る仕組みになっています

フォークリフトが屋外からカニかご上屋の
中に入る導線にはタイヤを洗うための設備ができました。
砂などで汚れたタイヤで施設の中にそのまま入ることを防ぎ、地面が常に衛生的に
保たれます。

隠された帽子の色

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

カニかご上屋の中では働く人々、私たち
見学者も必ず帽子をかぶります。

その色をよーく見てみると…

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
仲買人は赤い帽子

赤や青、グレーなどカラフルな色合い!
見学で訪れた私はピカピカのイエロー!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
見学者である私は黄色い帽子

実はこれ帽子の色ごとに役割を識別
できる仕組み
になっているんです。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
卸業者は青い帽子

例えば、
赤い帽子は仲買人・青い帽子は卸業者等、
グレーの帽子は荷役業者(競り落とされた
カニをトラックに運ぶ役割)黄色い帽子は
見学者など7つの色に分けられています。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
荷役業者はグレー

こうすることで視覚的に役割をすぐ判別
できるとともに部外者や不審者の侵入など
を防ぐ
ことにも繋がっているそうです。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
色分けなどのわかりやすくシンプルなルールによって
誰もが理解しやすく、働く人の安全も守られていました。

徹底した品質管理によって美味しくて、
安心・安全なベニズワイガニが届けられていることを知りました!

入場無料!自由に競り見学!
『境港おさかなパーク』

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
境港おさかなパーク

先ほど紹介したカニかご上屋の隣には
観光客や一般の方も自由に出入りできる
境港おさかなパーク』があります!
延べ床面積・約12000平方メートル
ある巨大な建物!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
ひ、ひ、ひろすぎる〜!!

ちなみに・・・
一般的なコンビニの売り場面積は
165〜200平方メートル
だそうで、
単純に計算すると12000平方メートルは
コンビニ60〜72個分くらい集めた広さ!!

さらにちなみにいうと・・・
鳥取県米子市内には80店舗ほどのコンビニエンスストアが点在するそうなのでそれらをほぼ集めたくらいの広さ!(うが調べ)

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

この施設の1階では
底引き網漁のズワイガニや魚などの
海産物が船から直接運び込まれ
“競り”が行われる市場になっています!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

この建物の2階が「境港おさかなパーク
吹き抜けになった見学通路が設けられて
おり、1階で行われている競りの様子を見ることができます!
吹き抜けなので競りの声や熱気が
ダイレクトに伝わってきそう
ですね!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

さらにベニズワイガニ漁で使われる
カニかご”の展示や美保湾で獲れた魚や
カニが展示された水槽
も!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
「No Fish! No Life!」と書かれたジャケットを着ている
境港水産事務所の田中さんと記念写真

コチラの水槽にいる魚は境港水産事務所の
職員の皆さんが釣った魚
なんだそうです!
今回取材で案内してくださった境港水産事務所の田中さんは魚の知識量が凄い!何を聞いてもわかりやすく教えてくれました!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
ベニズワイガニ漁で使われる「カニかご」

2階は観光客・一般の方も開館時間は
出入り自由!
競りが見たい方は早朝5:30〜7:30頃の
時間がねらい目!
日曜日と不定期で祝日はお休みなのでお気を付けください△

おわりに

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
カニかごに設置するためのサバを準備していました。

朝早くからの取材でしたが、
競りが終わるころには次の漁の準備が
始まっていました!カニのエサには、
かつおやサバなどが使われる
そうです。

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

日本唯一!ベニズワイガニ専用の市場
カニかご上屋」の秘密
をお届けしました!
消費者に安心安全のカニを届けるための
こだわりが詰まった施設でしたね!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光

そして、一般の方でも“競り”を見ることが
できる「境港おさかなパーク」も必見。
競りが行われるのは朝早い時間帯ですが、
起きられなかった方も・・・
夕方まで自由に出入りすることができる
この巨大な施設の見学はレアな体験!

境港 境漁港 ベニズワイガニ カニ水揚げ日本一 境港おさかなパーク 鳥取競り見学 カニかご上屋 境港観光 米子鬼太郎空港観光
境港海産物直売センターで以前
いただいたベニズワイガニ!
みずみずしさとカニの旨味たまりません。

カニかご上屋の前には
境港海産物直売センターもありますよ!

その場で買ってカニを味わうこともできます。
皆さんもぜひ境漁港に訪れてみては?

施設の情報

境港おさかなパーク
住所:鳥取県境港市昭和町9-7 
鳥取県営境港水産物地方卸売市場2号上屋2階
営業時間:5:00〜17:00(最終入館16:45)
入場料:無料
駐車場:あり(無料)
<HP>

著者:うがちゃん