採石場

島根県大田市温泉津にある採石場。
500年以上の歴史を誇る現役の福光石の採石場で、日本遺産の構成文化財の1つです。

この採石場では、ガイドをお願いすると、場内を見学することができます。
今でも採石が行われている現場を見れるのは全国的にも珍しいそうです。

福光石は凝灰岩という種類で、1500万年前の地底火山の噴火によって降り積もった、
火山灰が水圧と重力で固まってできたものです。
元々海底だったこの場所が、150万年前に隆起し、福光石は地上に現れました。

採掘がはじまったのは西暦1500年代。室町時代の後期です。
職人さんが横に並び、ツルハシという道具で手彫りしていたそう。

このでこぼこが手彫りの跡!

現在は、縦方向に採掘をしており、広い空間が広がっていました!

現在の採掘現場へ!

作業していない時だけ見ることができる現場に特別に案内してもらいました!
案内してもらったのは、12m下まで降りた場所。
広く、深い空間は不思議な感じがします。

福光石は音や水分、ニオイを吸いこみ、濡れても滑りにくいという特徴があり、
しまね海洋館アクアスの外壁などに使われています。

そして外には、幻想的な光景が!
濡れるとブルーグリーンになる福光石と手彫りの跡と自然がミステリアスで幻想的な景観を作り出しています。

スポット情報

住所:大田市温泉津町福光ハ107-1
電話:見学予約 0855-65-2998(予約は前日までに)
定休日:年末年始(12/.30〜1/3)
※ガイド料は1名〜6名までは3000円
6名以上は、大人1名500円 中学生1名400円 小学生1名300円 幼児無料

著者:スパイス!!