こんにちは。鳥取初心者みつきママです。
2023年末に三男が産まれ、近場から1泊2日の旅行に行ってみようか、ということで
鳥取県江府町にある「休暇村奥大山」に泊まりに行きました。

「休暇村奥大山」に子ども連れで泊まる場所を決めた理由

我が家の宿泊先として選ぶポイントは、以下の3つを重視しています。
①子連れウェルカムなサービス&雰囲気がある
②和室、もしくは、子供が落ちないようにベッドを移動させてくっつけることができる
③子供達が遊べる場所がある、もしくは近い

今回ボーイズのリクエストは、雪でたくさん遊びたい、とのことだったので、
雪遊びエリアがあるこちらの休暇村奥大山に泊まることにしました。
プランは「雪遊びファミリープラン」に決定! ベビーがいるため、内風呂つきの部屋を電話予約しました。
※HPからでも予約することは可能ですが内風呂つきの部屋は電話のみの予約となります。

ホテル周辺は辺り一面雪景色!

山に進むにつれて増えていく雪景色。
気づけばあたり一面雪景色です。

チェックインをしてお部屋へ。部屋は10畳の和室です。
ウェルカムウォーターは奥大山のおいしいお水!!
(現在は、奥大山のお水で淹れたお茶がご用意されているそうです!)
部屋には、冷蔵庫、湯沸かしポットもついているので、ベビー用にミルクを作る時なども助かります。

売店ではお土産のほか、雪遊びに便利な手袋や帽子、ソリの購入もできます!
チェックイン後にスノーウェアに着替えて雪遊びしようかと思っていましたが、この日はあいにくの吹雪。
ということで、1日目はちょっと早めにお風呂に入り、館内のキッズスペースで遊んだりして、部屋でのんびり過ごします。

キッズスペース

大山山麓の地下からくみ上げた天然水を使った大浴場

お風呂は男女それぞれ大浴場があり、男性・女性脱衣所のそれぞれにベビーベッドの設置もありました。
温質は、大山山麓の地下250mより汲み上げた超軟水(硬度15〜20)の天然水をあたためており、
肌触りはとても柔らかく感じます。
湯冷めもしにくく、お肌に優しい『美肌の湯』と言われているのも納得です。

また、脱衣所には奥大山のおいしいお水のウォーターサーバーもあるので、
お風呂あがりにゴクリと飲んでみてください!

品数豊富なビュッフェディナー!子供が大好きなものもたくさん!

お待ちかねの夕食はビュッフェ形式
この時は冬休みシーズンということで、すべてビュッフェ形式でしたが、現在はお造りや鍋などは会席料理で提供され、小鉢などのおかずやデザート類がビュッフェで頂けるハーフビュッフェ形式だということです!

場所はダイニングと、座敷に分かれており、子ども用チェア・カトラリー、ベビー用にはラックもお借りできます。

ビュッフェは品数も多く内容も超豪華!
境港産の新鮮なお刺身、握り寿司、大山豚のステーキ、鳥取和牛のハンバーグがあったり、
ライブキッチンでは揚げたての天ぷらも頂くことができます。

この日は境港産のアジフライがあり、その大きさにもおいしさにも驚いてしまいました!

また、日野郡のじゃぶ汁という郷土料理が並んでいたり、どれもおいしそうで
どれから食べようか迷ってしまう品数の多さです。
ボーイズはキッズコーナーで、からあげ、ポテト、ピザなどをチョイス!好きなものを好きなようにお皿に取ることができるので、テンションが高まり、たくさん食べていました。
さて、ボーイズはお腹がいっぱいになりそろそろ動き出しそう…
でも大人はもう少しデザートを食べたいな…なんてことありますよね。

そんなときにうれしいサービスが!!
なんと、デザートやコーヒーを部屋に持ち帰れるサービスなんです。

ビュッフェを部屋に持ち帰れるサービスは、子連れにとって、とてもうれしいですよね。
アイスやプチケーキなどお皿に持って、お部屋でゆっくりといただきました。

ビュッフェの内容は、時季によって変わるということですが、地元の旬のものが頂ける内容となっているそうです!

館内イベントや体験プログラムも!

また、この日は20時から巨大かるた大会がロビーで行われました。
子連れにはうれしいイベント!残念ながら、ボーイズは早々に夢の中で参加できずでしたが
館内でも楽しめるイベントがあるのは嬉しいですよね。
また、お天気のいい夜は星空観賞もできるそう。
星取県ともいわれる鳥取県、夜は天然のプラネタリウムを見る貴重な経験もできちゃいます。
他にも、体験プログラムは年間通していろいろあるので、ぜひチェックしてみてください!

和食、洋食どっちも楽しめる朝食ブッフェ

次の日は快晴!早く雪遊びしたい気持ちを抑え、朝食会場に向かいます。
朝ごはんもビュッフェスタイル。和食、洋食そろっているので、パンにもご飯にも手をのばしてしまいます。

パンはトーストし直すことができたり、おいしい状態でいただける気遣いもうれしい!
また、ご飯は地元江府町の特別栽培米コシヒカリをいただくことができます。
ピカピカに炊きあげられた白米は、それだけで何倍も食べられてしまうおいしさです!

大山朝日豚丼、という面白いメニューも!
ダイヤモンド大山をイメージして作られたメニューのようで、温玉を崩しながらいただきました!
他にも、大山ヨーグルト使ったスムージーや、新鮮な野菜のサラダもあって、
地元の魅力がギュギュっとつまったこだわりの朝ごはんでした。

小さな子どもから楽しめる雪遊びエリア!

さて、10時にチェックアウトし、スノーウェアを着て、ホテルの前のエリアで雪遊び!
もちろん、ホテルから徒歩3分の鏡ヶ成スキー場でスキーやボードをすることができますが、
ボーイズはまだ小さいので今回はホテルの前の雪遊びエリアで遊びました。

今回は、雪遊びファミリープランを予約したので、そり・ヒップそりを無料で使うことができました。
(スノーウェア、そり、ヒップシートなどのレンタルは基本的に有料になります)
思う存分、雪の中を走ったり、そりすべりをしたり、雪だるまをつくったり。

ちょっと休憩したいときは、ホテルのロビーへ。自販機とテーブルがあるので、
ベビーがいても暖かい場所で待機できるのでとても助かりました。

13時からはホテルの日帰り入浴も利用することができる(大人520円・子供310円)ので、
そちらで温まってから帰宅するのもいいかも!
雪遊びで思う存分遊んで、大満足!帰りの車でボーイズはぐっすり夢の中でした。
宿泊デビューや、雪遊びデビューにもってこい、ウェルカムファミリーな休暇村奥大山、オススメですよ!
ぜひ行ってみてください!

施設情報

「休暇村奥大山」
住所:日野郡江府町御机字鏡ヶ成709-1
電話:0859-75-2300
〈公式HP〉

今回利用したプラン 
【孫旅・家族旅行】雪遊びファミリープラン
〜嬉しい特典付き〜【だいせんウィンタービュッフェ】
●部屋内設備
冷暖房完備、冷蔵庫、湯沸かしポット、テレビ付き
●リクエスト可能設備
子供用トイレ補助便座、子供用枕、子供用洗面踏み台
●食事会場設備
子供用ハイチェア、ラック、子供用カトラリーあり
●館内
自動販売機・売店あり
バリアフリー対応、2階キッズエリアあり
無料の雪遊びグッズ(バケツ・スコップ)あり
●その他情報
鏡ヶ成スキー場は、例年3月半ばまでオープンされているそうですが、雪の状況によって異なるので、休暇村奥大山HPにて確認してください。
鏡ヶ成スキー場のレストハウスは、現在営業されていませんのでご注意ください。

著者:鳥取初心者ママ