こんにちは!社会人1年生のりんです!
鳥取県のご当地グルメのひとつ「牛骨ラーメン」。
今回は牛骨ラーメンの発祥の店ともいわれている米子市のラーメン店に行ってきました!
あっさりしつつも牛のうま味がギューっと詰まったラーメンをご紹介します♪

牛骨ラーメン発祥の店といわれる「満州味(ますみ)」

鳥取県米子市にある1946年創業の老舗ラーメン店「満州味」です。
お店はラ・ムーの隣にあります。
外観は一見すると普通の民家。

ちなみに、駐車場は店頭とラムー側にあります出入りがしやすいので、ラムー側に停めるのがおすすめです。

それではさっそく中に入ってみます。

日差しが差し込む店内で明るいです。
座席はテーブル席とカウンター席があります!

食事の時間帯を外れた午後3時頃に訪れたのにも関わらず、お客さんが途切れることなく、いらっしゃいます!
通し営業のため、お昼すぎでもラーメンが食べられるのはうれしいです♪

味のある手書きの張り紙も。

お冷はセルフサービスです!

一番人気「ラーメン・750円」

今回は1番人気のメニューの「ラーメン」750円をいただきました。
続いて人気のメニューは「唐揚げラーメン」だそうです。

注文すると店主の門脇さんが素早い手つきで調理を開始。

人手不足と書かれていたので時間がかかるのかなと思っていたのですが、お昼過ぎだったからか、あっという間に運ばれてきました。

トッピングはシンプルで、チャーシューとメンマとネギです。
まずはスープをごくり。
こってり系かと思いきやあっさり。だけど後味にしっかりとうま味を感じます。
深みのある癖になるスープです。
牛骨の出汁以外は何を入れているのですか?と聞くと「それはひみつだよ〜!」とのこと。
また、「味変に、にんにくを入れるのがおすすめ」とのことだったので、入れてみると…
パンチの効いた味に変わり、これもまた最高

麺は中太のストレート麺。
チャーシューは噛み応え抜群!かなりおいしいです。
何か工夫されているんですか?と聞くと「ん?何もしてないよ〜」とのこと。
とてもおいしい謎多きラーメン。
ただ、門脇さんは朝5時半から仕込みをされているそう。
時間をかけておいしいラーメンをつくっているんですね!

こってり好きにぴったり!
唐揚ラーメン・1050円

1番人気のラーメンに、こぶしより大きなサイズの唐揚げが2個付いたボリューム満点のラーメンです!
唐揚げはにんにくが効いた濃いめの味付けで、サクッとジューシー!
スープに浸しながら食べるのもたまりません!
男性やこってり系が好きな方にはピッタリのラーメンです♪

2代目店主門脇さん

満洲味は現在2代目店主門脇さんのお母さんが1946年に開店されたお店です。
初代店主のお母さんが、満州で生活をしていた際に出会ったのが、牛の骨から出汁を取ったラーメンでした。
日本に戻り、その味を参考に作ったのが「満洲味」の牛骨ラーメン。

最初は出前を主とされていて、5坪程度の小さなお店だったそうです。
そこから2度移転し、平成元年に現在の店舗に移られました。

2代目の門脇さんは、お母さんの味を再現するべく非常に苦労されたそうです。
現在は、幅広い年代の人に食べてもらえるよう、もとの味より少しあっさりめに変更。
そのため、女性でもペロッと食べられてしまうおいしさでした。
こってりがお好みの方や男性は「唐揚げラーメン」がおすすめだそうです!

明るく楽しい門脇さん。温かく迎え入れてくださってありがとうございました!
近所にあったら通いたくなるようなラーメン店です。
牛骨ラーメンを語る上では外せない、牛骨ラーメン発祥の店「満州味」。
みなさんもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

お店の情報

満州味
住所:鳥取県米子市西福原9丁目21-15
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜・第3火曜
電話番号:0859-22-9405
支払い方法:現金
駐車場:店頭とラ・ムー側にあり

著者:りん