島根県松江市にある美保関町の青石畳通りを歩いていると”お酒”の文字が…!
気になったので寄ってみました!

老舗酒店「福田酒店」

美保関の方言で立ち飲みのことを「艫(とも)つけ」と言うそう。
店内のカウンターでその艫つけが楽しめる「福田酒店」では、
夕方になると地元の人や観光客でにぎわいます。

以前は青石畳通りに旅館が42件くらいあり、
北前船の漁師さんや美保神社にお参りに来られた方など、
たくさんの方が来られ、年末の上野のアメ横並みだとのこと。
肩がすれ違うほどで歩くこともままならず、
お酒を飲んでいる方々の喧嘩が絶えなかったそう。

昔話をたくさんしてくださる店主さん。
一杯いただきながらお話を聞くことに…!

純米吟醸 豊の秋

こちらは金ラベル、つまり純米吟醸の「豊の秋」
すごい澄んでます…すっきりしているけれど、うまみもじわーっと感じられておいしいです!

えびす様の徳利に入った店オリジナル商品「神話乃酒」も販売されています。

おつまみがなくても、お父さんのお話しだけで、
ぐいぐい吞めちゃいました(笑)

お父さんとお話しするのも楽しいので、
街歩きの際はぜひお立ち寄りください!

お店情報

「福田酒店」
住所:松江市美保関町美保関553
電話番号:0852−73−0615
営業時間:8:00〜20:00
定休日:年中無休

著者:スパイス!!