アフリカのライオンとヒョウは、友達と呼べるような関係ではない。それどころか、ライオンはヒョウを殺す習性さえある。

 それだけに、タンザニアのンゴロンゴロ保護区で最近目撃された光景は、関係者を非常に驚かせた。5歳のメスライオンが、生後数週のヒョウの子どもに授乳していたのだ。

「前例のないことです」と話すのは、世界各地でネコ科動物を保護する非営利団体パンセラの代表兼最高保護責任者のルーク・ハンター氏だ。「野生でこんな行動は見たことがありません」

 ライオンとヒョウが出会うまでの経緯や、ヒョウの本当の母親がどこにいるのかはわからない。だが今のところは、メスライオンの攻撃本能を母性本能が上回っているように見えるとハンター氏は語る。

 というのも、このメスライオンはノシキトク(Nosikitok)という名で知られ、実の子どもを数匹、やぶの中に隠しているのだ。しかも、タンザニアの非営利動物保護団体コペライオンによると、その子どもたちは例のヒョウの子とほぼ同じ年齢だという。この団体は、発信器付き首輪を使ってノシキトクを追跡している。

 こうした出来事は例外的ではあるが、ライオンがヒョウを育てることは生理的には可能だとハンター氏はいう。どちらの種も母乳にそれほど違いがなく、育児の期間も大きく変わらないからだ。だが、考えるべき要素はほかにもある。

「いずれも憶測であり、最良の未来を願っています」とハンター氏。「それでも、この幼いヒョウを待ち受ける試練は大変なものでしょう」

降りかかる試練

 このヒョウの子どもが生き延びるのは不可能ではない。その場合、待っているのは次のような展開だろう。

 第一に、メスライオンはヒョウを巣穴に連れ帰ることになるだろうとハンター氏は推測する。今のところ、入手できているわずかな写真では、開けた場所でメスライオンがヒョウに母乳をやっている。だが、いつかライオンは巣穴に戻る。そこには数頭の子どもたちが空腹で待っている。

 うまくいけば、ヒョウが現れたことにライオンの子どもたちが大騒ぎせず、メスライオンはヒョウの世話を続けるかもしれない。それでも、巣穴での期間を安全に過ごすのは容易ではない。

 ハンター氏によれば、ハイエナや野火といった危険にさらされるため、1回の出産で生まれたライオンの子どもたちが1年以内に死ぬ確率は、平均で約50%にもなる。

「したがって、まだ弱く幼いこのヒョウがメスライオンの子どもたちに加われたとしても、厳しい将来が待っています。ライオンの子どもが巣穴での育児期間を生き抜くこと自体が難しいからです」

 第二に、ヒョウの子どもがライオンの群れに迎え入れてもらう必要がある。メスのライオンは出産に際して単独行動を取るが、子どもが生後6〜8週くらいに達すると群れに戻る。

 この時、ほかのライオンがヒョウを目に留めるやいなや殺してしまう可能性が高い。ほかのライオンたちに母性を強めるホルモンは出ておらず、今回のメスライオンがヒョウの子を育てるなかで何らかのつながりを育んだとしても、関係がないからだ。

困難に立ち向かえるか

 それを回避できたとしても、ストーリーの結末はあまり変わらない。母親からはぐれた生後7〜8カ月のヒョウが自力で生き延びた事例も知られているが、普通、ヒョウは生後12〜14カ月ごろまで母親と一緒に行動する。

 今回、メスライオンが群れに戻るまでこのヒョウが生きられても、その時点でまだ生後2カ月でしかない。自力で生きるには幼すぎる。

「ライオンのメスは、驚くほど献身的で熱心な母親です」とハンター氏は話す。だが、仮に世界一すばらしい養母でも、このストーリーが微笑ましい結末を迎えるには、ちょっとした奇跡が必要かもしれない。