ジェネビエーヴ・ユーさんが傷ついたハトを連れて行くと、驚くことに建物の外では人が列をなしていた。米ニューヨーク市マンハッタンの野生鳥獣保護センター、ワイルド・バード・ファンドでの出来事だ。

「私の前にいたカップルは洋服の中に、他の人はダンボール箱に鳥を入れていました。私はレストランのテイクアウト用の紙袋の中に」。通りすがりの人はアイスクリームショップの行列なのかと聞いてきたと言う。

 ユーさんはその日、ロウアー・イースト・サイドの歩道にハトが横たわっているのを見つけ、すぐに助けが必要だと気付いた。「ハトが特に好きなんです。害鳥のように扱われているのを見ると心が痛みます」。持っていた子供のオムツを紙袋の中に敷き、タクシーに飛び乗ってアッパー・ウェスト・サイドにあるセンターへと向かった。

 ワイルド・バード・ファンドはニューヨーク市で唯一、鳥の救助を行っている小さな非営利団体だ。「鳥たちの救命センターのようなものです」とユーさんは話す。「救急車は基本的に、紙袋や靴箱などですね」。列に並んでいた人々とはすぐに打ち解けた。「『その鳥はどこから来たの? どこで見つけたの? 私の鳥を見る?』と、みんなで情報を共有しました」

 その時のユーさんは、ニューヨーク市に鳥の衝突ラッシユが訪れていたことを知らなかった。10月2日金曜日と3日土曜日だけでも、ワイルド・バード・ファンドには220羽の鳥が運び込まれた。そのうち4分の3は、アサギアメリカムシクイ(Setophaga americana)、カオグロアメリカムシクイ(Geothlypis trichas)、その他アメリカムシクイ科を中心とする渡り鳥だ。

 北米の鳥たちが南へと渡る季節は数週間前に始まっていた。渡りとともに増えるのが、衝突事故だ。非営利の野鳥保護団体、ニユーヨーク市オーデユボンの科学者たちによれば、毎年市内で24万羽が衝突によって死亡していると言う。全米ではなんと1億から10億羽に上ると推定されている。

 ワイルド・バード・ファンドを創設したリタ・マクマホン氏によれば、ニューヨークなど米東海岸の大都市の多くは、「アトランティック・フライウェイ」と呼ばれる渡りのルートの途上にある。鳥たちは、ここを通る際にビルのガラスに衝突してしまうのだ。

 窓の中の照明は夜行性の鳥のナビゲーション能力を狂わせ、明かりへと引き寄せてしまう。日中は木々や空が窓に映し出され、ウソの通り道が生み出される。窓ガラスだらけの街はあらゆる鳥にとって地雷原のようなものだが、衝突してしまうのは「1年目」の鳥が多いとマクマホン氏は言う。都市の中を初めて飛ぶ個体だ。

次ページ:週末に訪れた衝突ラッシュ