まだ初期段階ではあるものの、新型コロナウイルスワクチン開発の最前線から届くニュースが疲弊した世界に続々と希望をもたらしている。

 米モデルナ社は16日、全世界が注目する最終治験の暫定的な分析結果を初めて公表し、94.5%の有効率が示されたと報告した。米ファイザー社と独ビオンテック社も18日、共同開発中のワクチン候補が「COVID-19の予防に95%の有効性を示した」という最終解析の結果を発表している。どちらもmRNAワクチンであることを考えると、遺伝物質であるmRNA(メッセンジャーRNA)を使った先端技術が、研究開始から数十年の歴史を経てようやく承認の段階に入ったことを示唆している。

 米ヒューストンにあるテキサス子供病院ワクチン開発センターの共同センター長マリア・エレナ・ボタジ氏はこれらの発表を受け、11日に同様の暫定結果が公表されたロシアのワクチン候補も含めて、「科学は機能しているようだ」と述べている。「間違いなく、これらのワクチンは何らかの良い免疫反応を誘発しています」

 モデルナが公表したのは一部のデータにすぎないが、競合他社より詳しい情報が盛り込まれている。具体的には、第3相試験に参加した3万人の人口統計学的情報を公開しており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発症が確認された95人についても一部のデータがある。

 感染者95人のうち、データが公開されているのは、65歳以上の人や白人以外の民族的背景を持つ人といった、高リスクとされるグループの内訳だ。モデルナもファイザーと同様、感染を防ぐという第一目標は達成されたと主張している。ワクチン接種を受けたグループの感染は5人のみで、プラセボ(偽薬)群は90人だった。モデルナはさらに、重症度に関する情報も公開している。重症患者11人はすべてプラセボ群で、ワクチン群にはいなかった。

 おそらく最も衝撃的なニュースは、モデルナのワクチン候補は2〜8℃で30日間保存できるという別の発表だろう。普通の冷蔵庫や氷の入ったクーラーボックスで保存できる温度だ。この特徴はモデルナを優位に立たせるかもしれない。農村部や低所得国への大量供給が簡単になるためだ。

 一方、ファイザーのワクチン候補はマイナス70℃で保存しなければならない。公衆衛生当局はこの条件から、特別な超低温フリーザーを用意できる豊かな国やコミュニティーのみにワクチンの供給が偏るのではないかと懸念している。ビオンテックのCEOウグル・シャヒン氏は9日、ロイターの取材に対し、同社のワクチンは冷蔵庫で5日間の保存が可能だとは説明している。

「新しい設備を用意する必要がない方が簡単ですよ」と、ワクチンのサプライチェーンを研究する米ニューヨーク市立大学の医療政策管理学教授ブルース・Y・リー氏は話す。「すでにサプライチェーンのさまざまなレベルで、ほかのワクチンに必要な冷蔵庫が用意されています」

次ページ:秘密は特許技術にあり?