コガシラネズミイルカ(Phocoena sinus)は最も絶滅が危惧されている動物の一つで、生存個体はたった10頭ほどしかいない。残っている個体数があまりに少ないため、コガシラネズミイルカはもはや絶滅を避けられないと多くの研究者はあきらめている。しかし、希望が持てる内容の論文が5月5日付けで学術誌「サイエンス」誌に掲載された。コガシラネズミイルカの遺伝的多様性は昔から極めて低く、他の多くの種に比べて、近親交配に対する耐性が高い可能性があるという。

 研究者らはモデルを用いて、さまざまな条件下で個体群が生き残れる可能性を調べた。そして、今後違法な刺し網にかかって死ぬことがなければ、コガシラネズミイルカが絶滅する確率はわずか6%になることを示した。

 ただし、このような事故死を防ぐことが切迫した課題であり、残念ながら見通しは明るくない。体長150センチメートルほどと小型のコガシラネズミイルカは、唯一の生息地であるメキシコのカリフォルニア湾北部で今も行われている違法な刺し網漁の犠牲になりやすい。目の細かい大網を使い、小エビや魚を捕る刺し網漁の巻き添えになるイルカは後を絶たない。

「これは胸躍る研究です」と、論文の著者の一人である米海洋大気局(NOAA)のバーバラ・テイラー氏は話す。「遺伝学的にこのイルカが本当に絶滅を運命づけられているのか、それとも別のことを心配すべきなのかを考える新たな道具を与えてくれるからです」

「どんな保護活動でも、人間の行動を変えることが必要です」ともテイラー氏は指摘する。「それが経済的コストを伴うものであり、どうせ絶滅するという言い訳に使われるようなら、実行に移すことは難しいでしょう」

違法な漁の巻き添えに

 コガシラネズミイルカは現在、カリフォルニア湾最北端の長さ約24キロメートル、幅約12キロメートルという非常に狭い範囲にしかいないと、2019年および2021年にこの水域を調査したテイラー氏は述べている。ここでは以前から刺し網は禁止されているが、実際には守られていないという。「今でも刺し網が仕掛けられており、誰もそれを隠そうともしません」

 現在、クルマエビの仲間であるブルーシュリンプを小型船で捕る唯一合法的な漁法は、刺し網漁ではなく小さなトロール網(底引き網)漁だ。だがテイラー氏によれば、カリフォルニア湾北部でそのような漁具が使われているのを見たことがなく、いまだに小エビはすべて刺し網で捕られているという。この小エビはトロール漁業者に売られ、そこから主に米国に輸出されていると報告されている。

次ページ:モデル化による絶滅予測