米国南西部やメキシコに、毒をもつサソリを果敢に襲うヤモリがいる。

 このヤモリ、バンドトカゲモドキ(Coleonyx variegatus)は、コオロギやミミズなど無防備な獲物を襲うときは、ただ捕まえてのみ込むだけだ。「退屈な光景です」と、米クロビス・コミュニティー・カレッジの生態学者マラカイ・ウィットフォード氏は言う。

 しかし、サソリの仲間デューンスコーピオン(Smeringurus mesaensis)のように危険な獲物を狙う場合、全く別の戦略を取る。体をばねのように曲げてから、サソリに突進するのだ。そして、噛みつくと同時に、とりつかれたかのように暴れ出す。

「病気を抱えているのかと思うほどです。とても速く、激しい動きです」とウィットフォード氏は言う。

 より詳しく調査するため、氏らは野生のバンドトカゲモドキとデューンスコーピオンを捕獲し、実験室で高速度カメラを使って攻撃の様子を撮影した。映像からは、サソリを激しく振り回す動きはサソリの針を折るため、または毒をあまり出させないようにするためであることが示唆された。あるいは、単にサソリを殺そうとしているのかもしれない。(次ページに動画)

 いずれにせよ、バンドトカゲモドキは非常に危険な生物を食べるための行動を身につけたのだと、ウィットフォード氏は説明する。氏らの論文は2022年1月5日付けで学術誌「Biological Journal of the Linnean Society」に発表された。

 これは、ほんの一例に過ぎない。以下では、獲物となる動物の強固な防御を様々な方法で突破する捕食者たちを紹介しよう。

スズメバチの巣に突進する鳥

 気の弱い人には、サソリ1匹を相手にするのも無理な話だ。それなのに、毒針をもつ昆虫を何百匹、何千匹と相手にするとなったら、別次元である。

 中南米の低地林に生息する鳥アカノドカラカラ(Ibycter americanus)は社会性の高い中型猛禽類で、スズメバチ科に属する様々なハチを集団で襲う。なかでもよく狙うのは、エピポニーニと呼ばれるハチのグループだ。

 アカノドカラカラはまず、ハチの巣に交代で飛び込んでいく。巣はグレープフルーツ大からスイカより大きいものまである。刺されるリスクを負いながら巣を地面に落とすと、ハチの成虫が逃げ出す。そして、タンパク質豊富な幼虫を食べるのだ。

「アカノドカラカラは、ハチのいわゆる逃走反応を利用しています」とカナダ、バンクーバーの独立系研究者で、動物の行動を調査しているショーン・マッキャン氏は説明する。「かなわない敵を前にして、ハチが巣を放棄するということです」

 攻撃が実に効果的であるため、アカノドカラカラはハチを撃退する化学物質をもっていると考えられてきた。しかし、マッキャン氏の研究によって、そうではないことが判明した。たとえ刺されても、ヒット・エンド・ラン方式で被害を最小限に抑えているようだ。論文は2013年12月に学術誌「PLoS One」に発表されている。

次ページ:ヤマアラシを幻惑するイタチ