東京都内で自費によるPCR検査が受けられる医療機関についてまとめました。保険適用と自費との違いや、検査方法(鼻咽頭拭い液採取法・唾液採取法)など、PCR検査を受ける際にチェックしておくべきポイントをご紹介!


東京でPCR検査が可能な医療機関(病院・クリニック)一覧

 

東京でPCR検査を受診できる医療機関 (病院・クリニック)

施設により、検査対象の条件が異なります。利用の際は各医療機関の公式情報をよくご確認ください。

保険適用、それとも自費

症状がある場合、PCR検査は保険適用!?

新型コロナウイルスに感染していることが疑わしい場合は、医師の判断でPCR検査が保険適用になる場合があります。その場合の費用はおおよそ2,000円〜3,000円程度で医療機関により異なります。しかし患者本人の自己申告で「匂いがしない」「味がしない」「濃厚接触したかも」「熱がある」などと申し出た場合であっても、医師が「新型コロナウイルス感染症の疑いがある」と診断しなければPCR検査は保険適用にはなりません。

症状はないけれどPCR検査を受けたい!

・疑わしい症状はないけれどPCR検査を受けたい
・帰省する前にPCR検査を受けたい
・濃厚接触者にはなっていないが心配なのでPCR検査を受けたい
といった場合は、自費によるPCR検査を受けることができます。

東京でPCR検査が可能な医療機関(病院・クリニック)一覧

また、海外渡航の予定がある場合は、渡航先国から指定された検査を受けて、証明書を提出する必要になります。

PCR検査は「鼻or唾液」の2タイプ

PCR検査は大きく「鼻咽頭拭い液採取法」「唾液採取法」の2タイプがあります。いざ検査を受けたら「鼻からは痛くて検査できなかった」「規定量の唾液が出なくて検査できなかった」ということが起こらないように、事前に検査タイプを確認しましょう。

鼻咽頭拭い液採取法

東京でPCR検査が可能な医療機関(病院・クリニック)一覧

鼻咽頭拭い液採取法では、鼻から綿棒を入れて、その奥の喉から粘液を採取します。痛みが出たり、反射的に咳がでる場合がありますが、より感度の高い検査方法といわれています。海外渡航先から指定される検査もほとんどがこちらのタイプです。

唾液採取法

東京でPCR検査が可能な医療機関(病院・クリニック)一覧

唾液採取では、口の中に自然に溜まる唾液を採取します。痛みなどが無いため、院内で受ける場合は医療従事者への感染リスクも低くなりますが、鼻咽腔拭い液採取に比べると感度が低いといわれています。また、自宅で検査するPCR検査はほとんどがこのタイプです。

PCR検査を探す時のポイント

事前にチェック!

PCR検査はほとんどの場合が「予約制」になっています。「予約方法」「検査タイプ(鼻咽頭拭い液採取法・唾液採取法)」「結果が分かるまでの日数」「費用」などを事前に、医療機関へ電話で確認をしたり、公式ホームページの情報をチェックしておくことがポイントです。

東京でPCR検査が可能な医療機関(病院・クリニック)一覧

利用の際には必ず厚生労働省が発表している「自費検査を利用する者が検査機関を選ぶ際に留意すべき事項」を確認のうえ利用してみてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00199.html

参考情報:「新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

 

記事本編では、PCR検査が受けられる医療機関をご紹介しています。

「エリアから探す」「地図から探す」など、お好みの検索方法で検索いただけます。
記事本編は以下のURLからご覧いただけます。

https://www.navita.co.jp/special/detail/id=1420501

(医療機関により、検査対象の条件が異なります。利用の際は各医療機関の公式情報をよくご確認ください。)

 

※掲載内容は記事作成時の情報になります。ご利用の際は事前に最新情報や詳細を各医療機関へお問い合わせいただくかホームページ等の公式情報をご確認ください。