長崎市の県庁舎跡地を活用して県内の食の魅力を発信する『県産品フードマルシェ』が23日から2日間の日程で開かれています。

NBC

長崎ランタンフェスティバルの開催にあわせ、県の内外から訪れる観光客に長崎県の食の魅力を伝えようと開かれた『県産品フードマルシェ』

NBC

長崎市の県庁舎跡地に、県産品を使ったグルメを提供するキッチンカーや、県内7つの市と町のブースが出店し、観光客が足を運んでいました。

NBC

観光客(鹿児島県から):
「おいしいです。パティが肉肉しくておいしいです」

NBC

観光客(滋賀県から):
「食べたいものがいっぱいで食べきれない。佐世保バーガーが見てみたいなと思って来ました」

NBC

平戸観光協会は、地元で水揚げされた『ひらめのフライ』などを揚げたてで販売しています。

NBC

平戸観光協会誘致プロモーション課 近藤あかねさん:
「(ひらめは)高級魚でお高いイメージもあるかなと思うんですけど、比較的お安く食べられる店もあるので、ぜひ(平戸に)来てほしいです」

NBC

酒井晶央記者:
「揚げることで身がふっくらしていて、食べ応えがありおいしかったです。おいしいですよ」

NBC

長崎県地域振興部 県庁舎跡地活用室 青田和寿 係長:
「(長崎県は)魅力的な食がたくさんありますので、ぜひここで そういった魅力を知っていただいて、次は実際にその場に足を運んでいただけるよう」

NBC

長崎自慢の食が集まる県産品フードマルシェは24日午後4時まで開かれます。