長崎県内で生産された花の美しさを審査する「長崎県花き品評会」が27日、長崎県諫早市で開かれました。

NBC

品評会は、長崎県内の生産者の技術向上を目的に長崎県花き振興協議会が毎年開いていて、花の形や色、茎とのバランスなどを審査します。

NBC
NBC

審査会にはバラやガーベラなど丹精込めて育てられたおよそ300点が集まりました。

NBC

審査にあたった佐世保花市場の卜部友之課長代理は「ことしは温度が高く温度管理が難しかったと思う。品質は良く栽培技術が上がっている」と話していました。

審査の結果16点が特別賞に選ばれました。

NBC
NBC

このうちのひとつ、ユキノシタ科の多年草「アスチルベ」はちいさくかわいらしい花をつけ、長崎県が生産額全国1位だということです。

NBC

長崎花き園芸農業協同組合 朽木雄太課長:
「色の付き具合とか。種類も増えてきています」

NBC

特別賞に選ばれた花きは29日から来月6日まで県庁1階に展示されるということです。

NBC

また今回出品された花きのうち、受賞しなかったものは28日午後1時半ごろから諫早駅で即売され、売り上げは能登半島地震の義援金として寄付されるということです。