移住希望者と地域との出逢いをプロ野球のドラフト会議に見立てた「九州移住ドラフト会議」の成果発表会で長崎市のチームが初優勝を果たしました。

NBC

「九州移住ドラフト会議」は移住に興味がある人を「選手」に受け入れたい地域を「球団」に見立てた交流イベントです。8回目となる今回は12球団・36選手が参加しました。

NBC
NBC

長崎球団は今回4選手を獲得。町の魅力を伝えながらディープスポットを落とし込んだ「地図」を共同制作しました。その交流が波及力の点などで評価され、成果を発表する「クライマックスシリーズ」で優勝に輝きました。

NBC


選手・神奈川県在住・行武亜沙美さん「すごく町への解像度が上がった。100年に一度の変革期かと思いますので自分も何かしらで関わっていきたいと思っております」

長崎市・鈴木市長「心強いです」

今回の優勝で長崎市は次回クライマックスシリーズの開催権を獲得。九州への移住希望者らおよそ100人が集う予定です。

NBC
NBC

ながさき坂道クライマーズ・品川正之介監督「外から来られる方と中にいる地元の方をつなぐようなコミュニティを作ってより長崎を楽しくしたいと思っています」