長崎市のゼロカーボンシティ実現に役立ててもらおうと、長崎市などで作る電力会社が市に3000万円を寄付しました。

NBC

寄付したのは再生可能エネルギーによる電力を供給している「ながさきサステナエナジー」です。

NBC


「ながさきサステナエナジー」は2020年に設立された長崎市と地元企業7社による電力会社で、市内のごみ処理施設や三京地区のメガソーラーなどで発電された電力を市の施設に供給。これによって得られた利益の一部、3000万円を25日、長崎市の「ながさきエコライフ基金」に寄付しました。

NBC

ながさきサステナエナジー・塩塚武社長
「(収益に関して)長崎市民に還元していくというのが設立理念の一つになっておりますので、今後も継続して行っていきたいと思っております」

NBC


長崎市では今回の寄付金を太陽光発電設備や電気自動車などの購入に対する補助金などにあて、市民に還元したいとしています。