NBC

長崎県内の各消防本部から派遣されていた県消防学校の教官と県防災航空隊の隊員の退任式が26日、行われました。

NBC

退任式では県消防学校の教官2人と県防災航空隊の隊員2人に感謝状が贈られました。

4人は県内の消防本部などから2年から3年にわたり派遣され、消防学校の2人は教官として新人消防職員の指導にあたりました。

また、防災航空隊の隊員2人は、防災ヘリを使った救助活動や救急活動を行ってきました。

NBC

長崎県防災航空隊副隊長を務めた県央地域広域市町村圏組合消防本部 山崎崇史さん:「山で遭難されている方が何日も見つからず、最終的に発見、救助できたことが非常に心に残っています」

NBC

また、26日は4人の後任となる職員への辞令交付もあわせて行われました。

NBC

長崎県消防学校教官となる長崎市消防局岩本哲治さん:「私が持っているすべての知識や技術を伝えまして現場で活躍できる消防職員を育てていきたいと思っております」

NBC

退任した4人は所属する消防本部に戻り、職務にあたるということです。